スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「No.18 ネトルせっけん」

ネトルせっけん
ベース:オリーブオイル、ネトルティー、ココナッツオイル、NaOH、パームオイル
オプション:ヘーゼルナッツオイル、ネトルパウダー、精油マヌカ、精油ユーカリ、精油ペパーミント

このせっけんはミネラルが豊富なネトルをお茶に、また粉末にして配合したせっけんです。
葉に多量のミネラルとビタミンを含むため、お茶や野菜として食べると貧血症によく、強壮剤にもなると言われ西洋では古代から幅広く利用されていたとか。
ハーブの本にこのネトルの浸出液で作ったシャンプーには発毛・ふけ取りの効果が期待されると書いてあったので、きれいなグリーンの色付けも兼ねて、シャンプー用にネトルを配合してみることにしたのです。

ま、ネトルといっても何のこともない、いわゆる「イラクサ」です。
牧草などと一緒に酪農が盛んになったころ北海道にたくさん増えだしたそうです。
イラクサって素手で触ると全草に生えている細かい毛が刺さって、
その毛の持つ成分が刺激して、一日ぐらいは痛痒く病むんですよね。
それがひどくイライラさせるので、そのせいで「イラクサ」って名前がついたんじゃないかと勝手に妄想しているRebeccoなのですが、
我が家では野生のものを採取するのが大好きなToboさんがおりますので、
以前からイラクサは野菜として、おひたしやお味噌汁の具としておいしくいただいております。
(結構おいしいですよ。我が家では一年中食べたいと言う殿のために軽くゆでたものを一回分ずつに包んで冷凍しているんですよ・・・採るのは殿(Tobo)、作業はRebecco・・・)

今年の春は、Rebeccoがせっけんに使いたいというたくらみもあったので、
Rebecco自ら河川敷に出向き、とげが刺さらないよう手袋をはいて、
きれいで元気そうな若いネトル(イラクサ)を採ってきました。
それを丁寧に洗い、ブランチングし、乾燥させ、お茶ミルで砕いたものを使ったのが、このせっけんと言うわけです。

出来はちょっとヨモギのような、森林のような香りで草のグリーンな香り。
ちょっと癖があるような気もしますが、これが逆に癖になってしまうんですよ。
なれと言うものなのかも知れませんが・・・
発色もよく、緑のグラデーションぽく層にした見た目がお気に入りです。

ちょっと粗めネトル粉末が入っているので、結局シャンプーとして使うのには躊躇してしまうのですが、お肌にはGOODでした。しっとり系。
来春もネトル収穫しようと思います。
(今春はヨモギも採りました。次回はヨモギせっけんの記録を書くことにしましょう)
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Rebecco

Author:Rebecco
山羊座のB型。
年齢不詳!?
連れのToboさんと仲良く北海道で暮らしています。
食べることには目がなく、
お友達と会うと、いつも食べ物の話をしているような…

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 コメント・アドバイスなどしていただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。