スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • home >
  • 旅行 >
  • 2日目 オルセー美術館 <パリ旅行3>

2日目 オルセー美術館 <パリ旅行3>

===2日目 11月15日 ===
市内観光をじっくり出来るのは二日目と三日目の二日間。
二日目の朝はゆっくりも寝ていられなくて、6時から起きだし、
身支度を整え8時ちょっと過ぎにはホテルをいざ出発です!
   
まずは、スト情報を確認すべく日本の旅行代理店へ行ってみることに。
もちろんon footでございます。(汗)
結果は「スト続行!」。「ふぇ?」うなだれるRebeccoとJencco。
地下鉄路線は何本かは間引き運行で復活しているものの、
私たちの目的地に行く路線は撃沈。
その日は、中心地に近い地域を足でまわることにしました。

それでも、パリは観光名所がぎゅっと市内におさまっていて、
そんなに大きくない、いわば日本で言えば京都のような感じなので、
足でもかなり移動できるのが不幸中の幸い。

まず向かったところは「オルセー美術館」。
パリで美術館と言えばルーブルがとっても有名ですが、
大きくて見るのにすごく時間がかかると言うことだったので、
全部見てまわっても2?3時間で見れると言うオルセー美術館に行くことにしました。
オルセー

ここは、ゴッホやマネ、モネ、ルノワール、ゴーギャン等など
教科書やテレビなどによく出てくる作家の作品が多く、
一度は見たことがあるというような絵がいっぱいあって、
絵にそんなに興味がなくとも、楽しめる、とっても見ごたえのある美術館。

写真もフラッシュをたかなければ取れるので、
たくさんとってきましたよ。
(ブログへの掲載はいいのかどうかわからないので、やめておきますが)

私は意外とゴッホのあの「ゆらゆら」した感じの作風が
あたたかさを感じるようで好きでした。(人によっては不安な感じを受けるようですが)
あと、モネの絵も、ぼやっとしているようで2歩さがって見ると、はっきりと見えてくる。
その、微妙さで仕上げているのが、やはり偉大な画家の成し得る技なのねと、
勝手に解釈をして、すごく感心してしまいました?。

オルセーの窓から

オルセー美術館の上階のテラスからの眺めも素敵でした。
オペラ座やサクレクール寺院などのパリの街並みと名所が一望することが出来ます。

また、オルセー美術館は美術作品のほか、建物も見ごたえがあります。
写真は「祝典の間」と言うところ。
Rebeccoのなかではシャンデリアや装飾が素敵で、
「美女と野獣」のダンスの一シーンを思い出しましたよ。
オルセー祝典の間

シャンデリア

R&J二人とも大満足で、Jenccoは解説図録を自分のお土産にと「セ シルヴプレ?」
美術鑑賞に花が咲いた、充実の午前中でした。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Rebecco

Author:Rebecco
山羊座のB型。
年齢不詳!?
連れのToboさんと仲良く北海道で暮らしています。
食べることには目がなく、
お友達と会うと、いつも食べ物の話をしているような…

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 コメント・アドバイスなどしていただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。