スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「No.31 カモミール石けん」

No.31 Chamomile soap

ベース:カモミールティー、カモミール抽出オリーブオイル、
    スィートアーモンドオイル、ココナッツオイル、
    パームオイル、NaOH、ヘーゼルナッツオイル
オプション:レッドパームオイル


無着色ですが、オプションで配合したレッドパームオイルの色が反映し、
あたたかみのあるオレンジ色の石けんになりました。
香料は配合していませんが、カモミール独特の甘?いやさしい香りが
ほのかにします。

泡立てると、もっちりときめの細かい泡が立ち、
洗い上がりはしっとりスベスベ。
Rebeccoがお気に入りの、おすすめの石けんです。

*使用感については著者Rebeccoの感想であり、ご使用になる方により
個人差がある場合があります。

この石けんは、カモミールをオリーブオイルに漬け込み置くこと一ヶ月。
カモミールのエキスをじっくりオイルに移しこみます。

そもそも「カモミール」とは別名「ははぎく」とも呼ばれ、
西洋でも東洋でも昔から珍重されてきたハーブです。
眠れない夜にはカモミールティーをというのは有名ですね。
カモミールにはアズレンという抗炎症成分が含まれており、
皮膚の洗浄剤としても役立ち、肌の弾力性を高めると言われています。
カモミールのエキスは「カミツレエキス」として化粧品にも広く使われていて、
一般に、保湿成分、整肌成分として配合されているようです。

そんなカモミールのエキスがいっぱいのオイルと
カモミールティーを水分の代わりに配合し、
カモミール三昧の石けんを作ったら、
きっとすばらしい使い心地になるはず!
と言うのが、このカモミール石けんのレシピができる発端。

すでに、少しずつ配合しているオイルを変えながら改良し、
3度目のレシピとなったのが、このNo.31。
しっとり洗い上がるよう、
ビタミン・ミネラルを含みお肌に優しい
アーモンドオイルとヘーゼルナッツオイルを配合してみました。
ナッツオイルの効用により、もっちりした泡の石けんとなりました。
出来は上々♪

今回のアートマーケットでは、自分用の2個を残し、
完売してしまいました。
Rebeccoのお気に入りなだけに、
手にとっていただいた方々にも気に入っていただけてるとうれしいです。
今日、またカモミール石けんをレシピを変えて仕込んだので
次回の出来がたのしみです。

*原材料の説明については一般的に言われていることであり、
Atelier*coreisの石けんの効能・効果をうたったものではありません。
*Atelier*coreisの石けんは「雑貨せっけん」として取り扱っております。


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

Rebecco

Author:Rebecco
山羊座のB型。
年齢不詳!?
連れのToboさんと仲良く北海道で暮らしています。
食べることには目がなく、
お友達と会うと、いつも食べ物の話をしているような…

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

メールフォーム

お問い合わせはお気軽にどうぞ。 コメント・アドバイスなどしていただけるとうれしいです。

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。